ダイソーで冬柄クッションを購入

暮らし

低血圧の辛さを枕で改善

学生時代からずっと、低血圧に悩んでいます。

血圧が常に100以下で、夜は枕を高くしないと、
横になった瞬間に目の前がグラグラしてしまいます。

眠るために横になることが怖いと感じる毎日です。

枕を高くすると肩こりが悪化してしまいますが、
それ以上にめまいが辛いので、我慢しながら寝ています。

眠るときには枕を2個以上重ねて使っています。

今回、下に敷いている枕がへたれてしまいました。
汚れも目立つようになっていたので、
衣替えを機に、買い替えることにしました。

普通に枕を買おうとすると1000円は掛かってしまいます。
今回は100均に何か良い物がないか、
見に行ってみることにしました。

10月はクッションが冬物に!

10月中旬にダイソーに行きました。

この時期は、冬物クッションがたくさん入荷する時期。

毛足が長くてモフモフしたもの、
ツイード調のもの、チェック柄のもの、マシュマロ素材など、
冬にピッタリなクッションが
入り口付近の季節商品のコーナーにたくさん並んでいました!

最初はカバー無しのクッション
(白くてシャカシャカしたした生地のもの)を購入して、
カバーを季節ごとに交換して通年使用しようと考えていました。

しかし、私が行った店では
45㎝×45㎝で200円の1種類しかありませんでした。

厚さも100均らしい薄さで、
枕代わりに使いたい私には
1個では物足りないボリュームです。

何より、クッションカバーが奇抜な柄しかなく、
シンプルで大人でも使えるような柄はありませんでした。

今流行のPOPな柄と、
動物のドアップ写真のような柄がありました。

沼の主
沼の主

安眠できそうな柄ではなかった・・・

100均には年中行くのですが、
ベーシックなクッションカバーは
商品の入れ替わりがなく、選択肢は少ないです・・・(^^;

カバーを付けなくてもそのまま使える
柄付きのクッションもありましたが、
夏用のレモン柄で冷感素材のものが200円の1種類のみ。

厚さとサイズはノーマルの物と同じく薄めでした。
これからの季節に冷感素材は寒いので、
今回はノーマルクッションを買うのは諦めることにしました。

入荷したばかりの冬用クッションコーナー

無地のクッションコーナーでは丁度良い物が見つからなかったので、
季節商品コーナーの冬物クッションを見てみることにしました。

冬物のクッションはこれからの時期は暖かくて良いのですが
見た目が暑そうで、夏は使えないだろうと避けるつもりでした。

まだ入荷したばかりで、
店頭には冬物クッションがたくさん並んでいました。

柄や素材もたくさん選択肢があり、
値段も200~300円と夏用クッションとさほど変わらない値段で、
厚さと弾力もモフモフのせいか満足のいくボリュームです。

季節商品とあって品揃えも半端ではなく、
冬用クッションだけで10種類以上!よりどりみどりです。

夏になったら素材が暑く感じるかもしれないので、
夏用クッションを新調するかもしれませんが、
その欠点に負けないくらい可愛いクッションが並んでいました。

触り心地やデザインを検討した結果、今回私が購入したクッションはこちらです!

ピンク色のもこもこクッション。うっすらヘリンボーン柄。
横から両手を入れることができます

こちらのクッション、お値段300円と
100均にしては高額ではありますが、
横から手を入れられる仕様になっており、
机に突っ伏しながら枕代わりに使えるようです。

沼の主
沼の主

フワフワしたものに手を包まれていると、
なぜか安心感が増してくるんですよね・・・
これなら安眠できそうです!

枕に重ねて使うつもりでしたが、
単体でお昼寝枕としても使えそうです♪

中もフワフワもこもこの手触り、
表面の毛並みも滑らかで、100均とは思えないクオリティです!

枕を探しに行ったのに、
冬にしか使えないモフモフのクッションを買ってしまうという
100均の甘い罠にはまってしまいました。

現在使用して1か月、モフモフは健在で、毎日ぽかぽかで眠れています。

(※追記:1年経過しましたが、今でもモフモフのまま使えています♪)

ダイソーには枕も売っています

ダイソーでは枕も販売しています。

サイズによって、300円と500円の2種類があります。

こちらは無地200円のシャカシャカしたクッションに比べて
数倍の厚みと弾力性があり、寝心地も良さそうです。

沼の主
沼の主

重ねて使うにはボリュームがありすぎるくらいの厚さです

しかし、こちらの枕はカバーが付いていません。
枕カバーを別途購入する必要があるようです。

家にある手拭いを巻いてカバー代わりにするという方法も思いつきましたが、
見た目がいかにも手作りっぽくなってしまいそうだったので、
300円の枕+100円の枕カバーも今後検討しようと思います。

沼の主
沼の主

枕カバーは落ち着いた色味の無地が多いので、
クッションカバーに比べると選択肢がありそうです

皆さんも、お部屋のインテリアに合わせて
クッションを置いてみてはいかがでしょうか?

わざわざインテリアショップに行かなくても、
100~300円で一気に部屋の印象を変えることができますよ!

暮らし
スポンサーリンク
もふ沼ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました