防災用に手回しラジオを購入

暮らし

防災用に手回しラジオを購入

防災用のバッグに入れていた手回しラジオ。

東日本大震災をきっかけに購入したのですが、
10年経っていました。

濡れても使えるようにジップロックに入れて
しまっていた手回しラジオ。

持ち手のラバー部分がジップロックの素材と癒着してしまい、
ベタベタになっていました。

そのままでも使えなくはないのですが、
いつ寿命を迎えるか分からない避難用具は少し心配です。

充電機能もガラケー用で、スマホ持ちの自分には使えません。

思い切って、買い替えることを決断しました。

日本製、ラジオ、携帯充電……欲しい機能は?

実物を見てから購入したかったので、家電量販店へ足を運びました。

防災コーナーには、様々なタイプの防災ラジオがあります。

シンプルなラジオのみ、
ライト、携帯電話充電、サイレン、テレビ機能付きまで。

充電も電池、手回し、ソーラー充電などあり、
値段もピンキリです。

壊れにくい物が欲しかったのですが、
機能が充実&日本製だと、1万円を超えてしまいます。

節約中のため、予算は4000円以下にしたいところ。
今回は海外製も候補に入れて、探してみました。

ネットを見ていただければ分かりますが、
海外製なら1万円以下でたくさんの種類がヒットします。

しかし、実物を見ることができず、
低い評価がかなり多いです…。

すぐ壊れないか心配ですし、
被災中に使えなくなることは絶対に避けなくてはなりません。

海外からの輸入品だと、届いてすぐに壊れた場合、
海外工場とのやり取りになるかもしれません。
(実際それで困ったというレビューがあった)

果たして自分だったら、辛抱強く対応できるだろうか…?
考えれば考えるほど、
海外製を買う勇気がなくなってしまったのでした(^^;

ソーラー充電の口コミ

ソーラーパネル付きも検討しましたが、
海外製は口コミの低さが目立ちます。

・雨や曇り、雪の日だと充電できない
・容量が少ないのか、満充電にしても携帯1回分の充電ができない

など、高評価と低評価のバラツキが大きいように感じます。

日本は基準が厳しいので、
不良品の数が口コミの低評価に直結しているのかもしれません。

ということで、ソーラーパネル付きに関しては、
お金が貯まったら日本製を検討することにして、
今回はスルーすることにしました。

シンプルな手回しラジオを発見

店内を色々見た結果、
唯一予算と機能面で残ったのが、アイリスオーヤマでした。

シンプルな手回し式で、値段は2980円+税。

ラジオ、ライト、スマホの携帯充電が手回しで使えます。
(サイレン付き)

コンパクトながら、最低限の機能はしっかり付いています。

ただ、実際見たことで、心配な点がいくつかありました。

・塗装が甘い。(日本企業とはいえ中国製)
・iPhone対応とあるが、最新機種に対応しているか?
(どこまでのiPhoneに充電できるか書いていないため)
・予算内ではあるが、他の家電量販店ならもっと安いのでは?

ということで、候補は決まったものの、
一旦家に帰って、調べ直すことにしました。

一体型だと高くつく

調べてみると、アイリスオーヤマには、
シンプルなラジオだけでなく、一体型ラジオもありました。

充電機能とラジオが一体型の物を選ぼうとすると、
どうしても値段が高くなることが分かりました。

壊れたときに他の機能も使えなくなる危険もあります。

今回は予算が4000円以下だったので、
一体型はやめておくことにしました。

アイリスオーヤマの一体型ラジオは5000円程度。
信頼度の割にはかなり安いです。
(安心の日本企業ではありますが、日本製ではない点は注意)

予算を5000円以上用意できる方は、
こちらの方が多機能で心強いですね。


今回は予算が少ないので、
「ラジオ」と「携帯電話充電器」を分けて考えました。

ラジオは1000円程度でも、日本製なら十分長持ちします。
(義母が日本製ラジオのヘビーユーザーで何台も持っている)


携帯電話充電器も、常に持ち歩く人が多くなり、
軽量化、小型化が進んでいます。

手回しラジオに比べて、信用できる専門家の口コミも多いです。

2000円あれば、
スマホをフル充電×数回できるスペックの充電器が手に入ります。

3000円あれば、数回の充電に対応できるセット(ラジオ&充電器)が
用意できるということです。

それでも、やはり手回しで充電できる一体型の方が安心度は高いです。

そこで、「手回し充電式ラジオ」と「携帯電話充電器」を購入し、
リスク回避をしつつ、予算内に収めることを目指しました。

手回しスマホ充電は、
物によっては携帯が壊れるリスクもあるそうです。(怖)

手回し充電は困ったときの最後手段として考えることにして、
充電池を別に用意した方が安心かもしれません。

※携帯のモバイルバッテリーは2000円弱のものをネット購入しました。
機会があれば、別の記事で詳しく書きたいと思います。

実店舗で見た商品を、帰宅後ネット購入

色々探した結果、
「アイリスオーヤマ」さんの手回しラジオをAmazonで購入しました。

大型家電量販店では3278円で販売していたのですが、
Amazonでは1780円でした!

差額は驚愕の1498円!
同じ商品でこの差額・・・Amazon恐るべし。

家電を購入する際は、可能ならば実店舗で見てみる。
納得できたらネットで値段をチェックする。
最も安い店で購入する。

この流れが失敗が少なく、効率が良さそうです。


アイリスオーヤマの手回しラジオ 機能詳細

機能:ラジオ(AM/FM)、LEDライト、サイレン、携帯電話&スマーフォン充電
サイズ:縦4.9×横5.9×高さ13.1㎝
重さ:185g
製造国:中国(説明書は日本語)
保証期間:1年
手回しで携帯電話やiPhoneの充電ができます。
(Docomo/au/SoftBank/MicroUSB-b)

iPhone用USBコードは付属していないので、
自分のコードを忘れずに持っておきましょう。

イヤホン用の穴があるので、
避難所でも周りを気にせずラジオを聞くことができます。

1年放置しても20%しか放電しないとのことですので、
非常用の備えとしては安心です。

補足情報

iPhone対応と書いていますが、
最新機種には対応していない可能性があります。

口コミの中には「最新機種に充電できなかった」という方もいました。

心配な方は、モバイルバッテリーを
別に用意しておくことをオススメします。

家族構成で必要な物が変わる

もしもの備えは定期的に確認することで、
適宜必要なものを加えていきましょう。

コロナ禍においては、マスクやアルコール消毒液は必須です。
非常用袋に入っているか、きちんと確認しておきましょう。

その他、赤ちゃん用品、介護用品、ペット用品が必要な方もいるでしょう。

それぞれの家庭で必要な物は異なるので、自分に置き換えて考えてみましょう。

持つだけで安心せず、
壊れたときに他で代用できるか考えることも必要です。

このブログをご覧になった方にとって、考えるきっかけになれば嬉しいです。

暮らし
スポンサーリンク
もふ沼ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました