生活において大切な、お金の使い方について【予備費】

暮らし

アラフォー無職のギリギリ生活~食費の節約方法

我が家は夫婦アラフォーにして職を失ってしまったため、
現在は最低限の金額で生活しています。(12~13万円程度)

さらに、そこから国民年金、市県民税、健康保険などの支払いをしています。

沼の主
沼の主

税金を除くと、5~6万円で生活しています。
毎月ギリギリの生活ですね・・・(>_<)

まだ在宅ワークだけでは稼げないので、
収入で足りない分は、貯金を下ろして生活しています。

収入を上げる努力はしているものの、
アラフォー無職から在宅ワークを始めたばかりで
順風満帆にはいきません。

我が家の食費は夫婦2人で2万円程度。
外食はほとんどせず、ほぼ100%自炊です。

沼の主
沼の主

外食は結婚記念日など、年に数回だけ。

もちろんファーストフードのような外食もナシ。
外食は貯めたポイントで清算するので、
現金の持ち出しはほぼゼロです。

お米は地元の直売所やスーパーの特売を利用して購入。
新米に古米を混ぜて、
かさまし&少ない水分量をカバーすることもあります。

沼の主
沼の主

新米:古米=3:7が限界でしたね(^^;

現在は普通のお米です。そんな月もあったなぁ、という話です。

野菜はスーパー、直売所、家庭菜園、スーパーの見切り品、冷凍野菜などを
その日、季節によって使い分けています。

沼の主
沼の主

今年は家庭菜園がうまくいったので、
トマトとキュウリはこの夏買わずに済みました

学生時代は栄養学を学んでいたので、
ギリギリの食費の中で、
エネルギーや栄養素は不足しないように献立を組んでいます。

沼の主
沼の主

施設の給食は1食500円くらい徴収してるのに
現場では250円以内に抑えろ!とか理不尽なことを言われて
頑張っていたので、こういうのは得意です

節約しようとすると、炭水化物に偏りがち。

朝は具だくさんの味噌汁、納豆、卵でタンパク質をプラスします。

沼の主
沼の主

野菜はモヤシばかりにならないように

気をつけましょう

肉、魚、豆腐、卵をルーティーンで回して
タンパク質を摂取しつつ、コスパを良くしています。

沼の主
沼の主

肉と魚は高いからねぇ・・・。
安くても、味にはそれなりにこだわっています。

肉は国産鶏むね肉を100g48円の時に大量購入して、
1か月分下処理して仕込んでおきます。
(塩こうじに漬けこんだり、鶏ハムにしたりする)

炒め物は100g100円以下のこま切れ肉をまとめ買い。
こちらも味付けして、1か月分ストックしています。

魚は近所のスーパーで19時に半額になるので、
お刺身を買ったり、半額の切り身を冷凍保存しています。

沼の主
沼の主

1切れ100円以下は絶対条件です。
新鮮な魚でも、19時を過ぎれば半額になるので、
日中のうちに定価で買うことはありません

収入がある程度安定したら、
食費をもう少し上げたいところではあります。

現在は貯金すらできない生活をしているので、
もう少しの辛抱・・・と思って頑張っています。

沼の主
沼の主

とか言いつつ、この経済状況が

数年続いているんですけどね・・・(嘆)

それでも、ブラック職場を脱出した今年。
お金はさらに無くなってしまったけれど、
未来への希望を持って、毎日生活しています。

沼の主
沼の主

生きる意味を見失っていた去年に比べたら
何でも頑張れる気がします

今回は、今まで数年続けてきた節約生活の中で、
これは役に立ったな、という生活のコツを紹介したいと思います。

今回は生活において大切な、お金(予備費)の使い方について。

出費を抑えるためには、毎月の出費を把握する

毎月、給与は銀行口座に入金されるわけですが、
決まった金額しか下ろさないのが節約のコツです。

我が家は食費、小遣いのみ現金で下ろしています。

他の固定費(家賃、水道光熱費、国民年金、健康保険、市県民税、NHK、保険、ガソリンなど)は自動引き落とし設定をしています。

沼の主
沼の主

楽天経由でポイントを貯められるように
仕組みづくりができると後が楽ですね

毎月の出費を抑えるためには、
毎月の出費をしっかりと把握することが肝心です。

固定費を銀行口座で自動引き落とし設定しておけば、
何にいくら支払ったのか、家計簿と同じ効果が得られます。

1年に1度、水道料金がいくらかかったか、ガス代はいくらだったか、と
通帳を見ながら支出を項目ごとに出します。

沼の主
沼の主

我が家は確定申告のタイミングで
1~12月の家計の見直しをしています。

1か月の平均を出して確認することで、
毎月何費にいくら払っているのか一目瞭然です。

沼の主
沼の主

毎日同じような生活リズムなので
固定費はだいたい一定です。

冬の灯油代、夏のエアコン代も12カ月でまとめて平均を出し、
水道光熱費に含めて予算立てします。

全てまとめることで、
「我が家の生活はザックリ月〇万円必要だ」と分かります。

固定費以外の出費をあぶり出す

出費の中でも、誕生日ケーキ、外食、町内会費、年賀状など、
年に1~2回だけお金が必要になるものがあります。

固定費だけなら一定で済む生活費。

これらの小さな出費が積み重なると、
月に数千~1万円の誤差が出てしまいます。

我が家では、急に「お金が足りない!」とハラハラしないように、
家計から浮いたお金を「予備費」として寄せておくことで
これらの出費に対応しています。

予想できる出費はあらかじめ準備しておく~我が家の場合

我が家の予備費の内訳はこうです。

  • 実家の両親へ年始の挨拶 手土産代 3000(焼き菓子詰め合わせ、お菓子の福袋など)
  • 親戚へのお年玉 3000 (未就学児)
  • しめ縄、お守り、おみくじ、干支の置物 1100 (しめ縄と置物は100均ベースに自作、お守りとおみくじは神社で購入)
  • 町内会費 6000
  • お中元 2500×2件 (詳しくはこちら)
  • 夫 誕生日ケーキ 2ピース 800 (ホールは食べきれないのでピースで購入)
  • 妻 誕生日ケーキ 2ピース 800
  • クリスマスケーキ 2ピース 0 (実家が付き合いで買ったケーキを2ピース分けてもらう)
  • お歳暮 2500×2件 (詳しくはこちら)
  • キッチン用品(レンジフードカバーやまな板などを交換、ほぼ100均) 1000
  • 年賀状 70枚 4340 (年々枚数を減らし中)

    合計 30040円

    お互いの両親に父の日、母の日のプレゼントを選ぶ際は
    各自のお小遣いの中で買うことにしています。
    小腹が空いたときのお菓子も、お小遣いの中から自分で購入します。
沼の主
沼の主

シビアだけど、節約中の生活費は限りがあります。
親や友人へのプレゼントは公平性が保ちづらいので、
自分のお小遣いから払うことを基本にしています。
(結婚記念日は予算を取っています)

3万円を12カ月で分割すると、1か月2500円の積み立てが必要です。

食費でうまく浮かせることができた月は多めに、
できなかった月は無理をせず、他の月で埋め合わせします。

実家から食材のお裾分けをもらったり、
商品券や欲しかった商品が懸賞で当選したときは、
「つもり貯金」のように予備費を増やしています。

買う予定で予算を組んでいたけれど、
他店との比較検討をすることで
予定より安く手に入れることができた場合も同様です。

沼の主
沼の主

懸賞が当たったら、家族にもおすそ分けします。
福分けすると、みんながハッピーになれますよ☆
(懸賞についての記事はこちら

時々外食したくなる日もあります。
そんな時はコツコツ貯めていたポイントの出番。
数か月に1度、ポイントを使って外食に行っています。

沼の主
沼の主

外食費を浮かせるための
ミステリーショッパー経験もありますが、
最近はコロナで外食をしなくなりました。

神経質になりすぎないように、
家計全体で、ゆったり構えるのが長く続けるコツです。

1年かけて貯めることで、
全額とは言いませんが、必要金額はそれなりに確保できています。

沼の主
沼の主

1年後、目標金額に届かなかったとしても

お中元、お歳暮、町内会費など
元々「生活に必要な固定費」なので、
ショックを受ける必要はありません。

私はメルカリで不用品販売もしています。
足りない分は銀行から引き落とさず、
メルカリの売上金で埋め合わせしています。

沼の主
沼の主

メルカリの利益は
化粧水など雑費に分類される商品購入や
副業の仕入れに使っています

支出を締めるだけではなく、
稼ぐ力を少しでもUPすることも大事です。

沼の主
沼の主

家の整理整頓も兼ねて
メルカリで部屋を綺麗にしています
(私は2年着ていない服は出品します)

収入を上げる方が大変なのですが、
今後を考えると、未着手のままではいけないと思っています。

節約も、副業(本業か)も、これから日々精進したいと思います。

節約に根を詰めすぎると、損得で動くようになってしまいます。
家族への感謝は忘れないようにすることが大切です。

そして、夫婦でお金の話を定期的にすることも大事です。

家の財政状況を夫婦で共有することで、同じ目標に向かうことができます。

家族の中で自分1人だけ節約しても、なかなか効果は表れません。

節約ばかりで苦しくならないように、
ときどき息抜きになるようなイベントを入れてあげる
モチベーションが長続きしますよ。

沼の主
沼の主

トレー回収で交換した商品券でビールを買ってあげたら
夫がトレー回収を協力してくれるようになりました

日々の生活のために節約するだけでなく、
旅行に行く資金を貯めるための節約でも良いですね。

沼の主
沼の主

我が家もほんの少しずつですが、旅行のための貯金をしています。

数年に1回の旅行でも、日々のモチベーションが上がります

子どものこと、老後のこと。
中長期で共通の目標を掲げることで、
家族と一緒に節約に励みましょう。

夫婦で認識を統一させておく

私たち夫婦は考え方が似ているらしく、あまり物欲がありません。

沼の主
沼の主

幼少期からそれぞれクラスメイトに
「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれていました(笑)

去年まで2人ともブラック企業で搾取され続けていたので、
眠りたい時間に眠ることができて、自分の時間が持てるだけで、
幸せだと思っています。
(今だけかもしれないけれど、今はそれで良しとしよう)

あとは健康な体が戻ってくるように努力するのみ・・・。
(ブラック企業勤務のせいで胃腸を病み、内科の通院が続いています)

これから数か月かけて、基礎体力を付けていけたらと思っています。

予備費を貯められるようになったら、2段階目を少しずつ確保する

我が家では予備費を2段階に分けています。

毎年使う予備費の他に、滅多に使わない予備費を分けておくのです。

滅多なことでは使わないので、一度貯まれば、使うまでは放置でOKです。

それは「家電購入費」「慶弔費」「医療費」の3つです。

沼の主
沼の主

さっき内科通いしていると言ったばかり。
我が家は医療費が毎月出ていってしまいます(;_;)

家電購入費

家電購入費は5~10年に一度ですが、かなり大きな額を必要とします。

結婚と同時に家電を丸ごと買い揃えたので、
壊れるのは同じ時期になると予想しています。

少しでも負担が軽くなるように、
家電購入費用を積み立ておくと安心です。
(我が家は3万円確保済み。余裕があればもっと貯めたい・・・)

慶弔費

慶弔費は、数~10年に一度、参加する機会があるかもしれません。

沼の主
沼の主

30歳を超えてから結婚式に呼ばれることが減ったので

慶弔費は減りにくくなりました

我が家では結婚式の参列を想定して、
3万円程度(新札で)用意してあります。

余裕があれば、お車代が出ない時のために
交通費も用意しておきたいところです。

(飛行機や新幹線を使わずに安い高速バスを使えば、
1万円以下で移動できるはずなので、さらに+1万円が目標です)

医療費

次に医療費です。
30~40代であれば、病院代はそこまで多くは必要ないと思います。

我が家は自営業なので、受けられる健康診断は
市町村の必要最低限の健康診断のみです。

沼の主
沼の主

ブラック企業明けで夫婦ともに胃腸がボロボロです。

大きな病気はなくても、歯の定期健診や、
ドラッグストアで胃薬、風邪薬、痛み止めを購入することがあるかもしれません。

大きな手術や病気に備えることができれば、それに越したことはありませんが
日本には「高額療養費制度」というありがたいシステムがあります。

この制度を利用することで、
低収入の私たち夫婦の場合、
1か月の医療費はMAX5~6万円+食事代+パジャマ代
乗り切ることができます。

沼の主
沼の主

義母が入院した際に代理で市役所で手続きして
初めて制度を知りました。
低収入の家族にとってはありがたいですね。

(世帯の所得によって限度額は変わります。
気になる方は市役所のホームページ等でご確認ください)

病院の回転率を上げるため、
手術しても数日~数週間で退院する人が多いと言われています。

そのため、医療&がん保険の加入は最小限にし、
月々の医療費は「保険ではなく貯金で確保」しておくことで、
総合的な出費を減らしています。

沼の主
沼の主

月に5000円保険に払ったら
10年で60万円。
1か月×10回分の入院費が確保できてしまいます
保険にするか、貯金にするか。
各家庭で納得できる選択をしましょう。

普通預金だけではなく、NISAの活用も検討しよう

保険に月々数万円払うくらいなら、その分を株式で運用して
少しでも増やすことも選択肢の1つだと思います。
(元金が減る可能性もあるので、始める前にきちんと勉強しましょう)

沼の主
沼の主

NISA口座開設には難しい用語も出てきます。
概要だけでも勉強しておくと、ハードルが下がります

私は、結婚前に貯めていた貯金を
将来の子ども用の教育資金にすべく、
NISAで数年前から細々と運用中です。

沼の主
沼の主

本来ならば、運用で教育資金を増やすのではなく、
「余裕資金」で運用を始めるべきです。
我が家はこのままだと教育資金が貯まりそうにないので
DINKsの今は、限りある資産で攻めの運用をしています。

時間が無くても、収入が低くても、100円から始めることができ、
ポイントで購入できるものも登場しています。

しっかり勉強して、リスクを理解した上で、
興味のある方は勉強してみてください。

沼の主
沼の主

勉強すればするほど迷いが生じて
決められないループに陥ってしまう・・・(悩)

ゆっくり貯めればOK

2段目の予備費は、1年で貯める必要はありません。

数年かけて貯めたら、あとは使うまでそのままにしておけばOKです。
ゆっくり時間をかけて貯めていきましょう。

人によって必要な予備費は異なると思いますが、
紙に書きだして事前に準備しておけば、
急な出費に焦ることがなくなります。

お金の出費が見えるようになると、管理がしやすくなります。
管理できるようになると、無駄が見えてきます。
無駄が見えると、減らしたくなってきます。

ゲームのように楽しみながら、
毎日の生活の中から無駄をそぎ落としていきましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

暮らし
スポンサーリンク
もふ沼ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました