R1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで安く作る

暮らし

コロナをきっかけに「腸活」にチャレンジ

免疫力を高めるため、最近「腸活」を始めました。

以前、健康診断で骨密度の低さを指摘され、
体質改善のために1~2年は乳製品を積極的に摂っていました。

牛乳が苦手だったこと、翌年に測定数値がかなり改善したことから、
最近は週に数回しか摂取していませんでした。

沼の主
沼の主

牛乳はお腹がゴロゴロするし
胃がもたれてしまうんだ

毎日コロナのニュースばかりが目につきますが、
それと同時に、健康のために
どんなことを心掛けたらいいのか考えるようになりました。

腸を整えることで免疫力も高まると
ニュースや本で取り上げられていたこともあり、
健康のためにも安く続けられる腸活を試してみることにしました。

「腸活」とは?

腸活といっても、明確な基準があるわけではありません。

「腸内環境を整えること」が「腸活」です。

ストレスを溜めず、食習慣に気を付け、
適度に体を動かすこと、も腸活です。

「腸活」とは言っても、
結局は健康的な体を手に入れるために
行うことは皆同じということですね。

私は腸内環境をよくするため、
意識的に発酵食品を毎日取り入れることにしました。

納豆、味噌、キムチ、ヨーグルト、チーズなど、
1日の食事の中で無理のない範囲でメニューに組み込みました。

食物繊維が摂れるように、野菜たっぷりの食事を意識しました。

野菜たっぷりの食事に変えてから、
おやつの時間にお腹が空きにくくなりました。

どうしても間食したくなったら、
食物繊維の多いフルーツやナッツ、
発酵食品であるヨーグルトを食べるようにしました。

沼の主
沼の主

野菜100%のチップスを作ったり、
砂糖たっぷりのお菓子ではなく
素朴なおせんべいを食べるようにしました

今まで食べていた砂糖たっぷりのお菓子の量が
少しずつ減ってくるのが実感できるようになりました。

夫のピロリ菌退治

結婚して数年後、夫が空腹時の胃痛を感じるようになりました。

最初は仕事のストレスによる胃潰瘍だと思っていたそうです。

調べてみるとピロリ菌によるものだということが判明しました。

薬で無事に治療することができましたが、
この経験がきっかけとなり、
R1ヨーグルトを頻繁に購入するようになりました。

夫の健康のために始めたR1生活ですが、
価格が1個120~130円と、節約生活では地味に痛い出費です。

今回腸活を始めると同時に、
ヨーグルトの出費を抑える方法はないか
調べてみました。

ヨーグルトメーカーはヨーグルト以外の物も作れる

近年は低温調理の人気が高まっています。

最近ヨーグルトメーカーはヨーグルトだけではなく、
様々な調理にも応用できる製品が多く販売されています。

牛乳パックをそのままセットすることができる
縦置き型の物が最も一般的で、価格も2000~3000円と手頃です。

縦長の形状のため、
固体の料理に低温調理器として用いることは難しそうです。

牛乳パックサイズの液体には幅広く使えるため、
プレーンヨーグルト、カスピ海ヨーグルト、
ギリシャヨーグルト、甘酒、塩麴などを作ることができます。


(楽天では2981円で販売していました)

私が購入したアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014は、
25~65度まで温度が調節できます。

加温時間は1~48時間まで設定することができます。

サイズは15.6×15.6×27.4cmで、コンパクトな部類に入ります。

消費電力は40Wと低いです。

口コミも3500件、☆4.5個と高評価で、
こちらの製品でR1を作る方のレビューもあったため、購入に至りました。

値段を比較して
その時1番安かったAmazonで購入しましたが、
2021年1月時点で2780円でした。

沼の主
沼の主

中古でも良いなら
メルカリで安く手に入れる方法もあるよ

果たしてきちんと固まるのか?

市販のヨーグルト1パック+牛乳900mlで、
牛乳パック1本分のヨーグルトを作ることができます。

表示通りにプレーンヨーグルトを42度で9時間加温することで、
我が家でもトロトロのR1ヨーグルトを牛乳パック1本分作ることができました。

沼の主
沼の主

追記:1年後の現在は41度6時間で
トロットロのヨーグルトを作っています
(柔らかいのが好みのため)

種となるヨーグルトと牛乳は、各自好みの物を用意しましょう。
(牛乳は「乳飲料」ではなく「牛乳」を選びましょう)

付属品

箱の中には、本体の他に
柄の長い軽量スプーン、
透明な900mlのプラスチック容器、
(もちろん牛乳パックでも作れます)
牛乳パックの蓋を留めておくためのクリップ、
水切りヨーグルトを作るためのザルが付いていました。

沼の主
沼の主

プラスチック容器は
使う前にアルコールスプレーなどをかけて
消毒してから使わないと
ヨーグルトの酸味が出るのが早いと感じます

コスパは合格点

我が家の近所で材料を調達する場合、
種となるヨーグルト代120円+牛乳1リットル180円=300円で
1リットルパック一杯ののヨーグルトを作ることができます。
(100gあたり30円)

ヨーグルト1カップ100gと計算すると、
1食当たり90円お得になる計算です。

1か月続けることができれば、
ヨーグルトメーカーの元は簡単に取れそうです!

ちなみにですが、最初に作ったヨーグルトを種にして
次回のヨーグルトを作ることができます。

したがって、コスパは回数を重ねるごとに良くなります。

4~5回繰り返すと酸味が出てくるので、
我が家では2回、様子を見ながらMAX3回食べたら
次は新しいヨーグルトを買い直して種にしています。

沼の主
沼の主

酸っぱいヨーグルトは
好みじゃないのです

R1の社員さん曰く、菌の数はヨーグルト作りを繰り返すごとに
徐々に減少するそうです。
適宜新しいヨーグルトを使うことで
R1の力を維持をすることができますよ!

テスコムの低温調理器も気になっていたが・・・

購入を検討した際、アメトークの家電芸人がおススメしていた
テスコムの低温調理器と迷いました。

こちらはトースター型の横長の形状のため、
様々な料理に使いやすそうです。

しかし、肝心のヨーグルトを作るためには
横置きに対応できる容器を用意しなければなりません。
(牛乳パックは横置きできない)

価格も1万3000~6000円程度と、節約主婦にとっては高い・・・。


(楽天では12000~17000円で販売されています)

様々な料理に応用できる点においては
かなり魅力的でした。

しかし、家にはまだ使えるトースターもありますし、
家電が増えると場所が足りなくなってしまいます。

初期費用がかなり点からも
お金が貯まってから検討し直すことにしました。

普段、サラダチキンを炊飯器の保温機能で作っているので
低温調理やノンフライヤーとしても活用できる
テスコムを導入するか否か、本当に迷いました~。

沼の主
沼の主

低温調理&ノンフライヤーとしては優秀でも、
ヨーグルトメーカーとしては
使い勝手が良いとは言えないのが
今回買わなかった理由です

家族の健康のため、R1を食べ放題に

始める前は、腸活がどのくらい続くか分かりませんでした。

1か月続けるだけで元が取れるということで、
思い切ってヨーグルトメーカーを導入しました。

ヨーグルトはあまり日持ちしない食品です。
酸味が出てくる前に食べ切れるように、
7日を目安に食べ切っています。
(1日70g×2人×7日で牛乳パック約1本分)

現在ヨーグルトを毎日食べるようになって1か月。
夫は胃腸症状で悩むことは少なくなったようです。

私の便通はかなり改善。というか効果強すぎるくらい(^^;

これで夫のピロリを抑えることができれば言うことなし!
ということで、今後も経過を観察していきたいと思います。

置き場所の確保

使ってみて感じたことですが、
サイズがコンパクトとは言え、食器棚の上に置いていると
若干邪魔に感じることがあります。
(15.6×15.6×27.4㎝)

1週間に1度しか使わないので、
我が家では使わない時は
見えない位置にしまっておくことにしました。

自分の健康は自分で守る

節約生活を続けていると、
健康維持は気を抜きがちになってしまいます。

会社員ではなくなってしまったので、
定期的に健康診断を受けるなど、自発的に健康管理に気をつけないと
検診がどんどん億劫になっていきます。

腸内環境を整えることは、免疫力強化にも役立ちます。
今はコロナ対策で家族の体調管理も大変な時期。
バランスの良い食事を心掛けて、内臓から健康に気遣いましょう。

暮らし
スポンサーリンク
もふ沼ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました