JINSでメガネを安く購入する方法(いつでも20%OFF!)

暮らし

防災用品にメガネを加えるため、メガネの購入を決意

私は同じメガネを20年近く使っています。

沼の主
沼の主

物持ち良すぎ(^^;

防災用具に入れてあるメガネは中学生の頃に作ったもの。

度が合わないことに気付いたので
今使っているメガネを防災用におろし、
もう1本新しいメガネを作ることにしました。

メガネ屋の前を通り過ぎるたび、試着を繰り返してきましたが、
こだわりが強すぎて
「これだ!」というフレームには出会えていませんでした。

気づけばあれから1年以上。
今回ご縁があって、JINS(ジンズ)でメガネを購入することになりました。

節約の観点から、JINSの活用方法についてまとめてみたいと思います。

JINSは普段のSALEも安い

私のようにこだわりが強くなく、
普通のメガネで良いという方もいるでしょう。

今回私が利用したJINSでは、
定期的に行われるSALEを利用することで
メガネを4000円+税~で購入できます。

SALEの時期は年度によって異なります。
店舗が近所にない方は、
時期になるとホームページにSALEのバナーが出るので、
チェックしてみてください。

沼の主
沼の主

洋服と同じ時期、夏と冬の年2回行われることが多いです。
2020年はコロナの影響なのか、9月も続いていました。

冬だと1月上旬から中旬くらいに行われています。

私はSALE対象外のメガネに一目惚れしてしまったので、
今回は定価のメガネをいかに安く入手するか、紹介しようと思います。

沼の主
沼の主

値段だけで言うなら、
SALEの4000円コーナーから選ぶのが一番お得なんですけどね

私の夫はメガネの上に寝てしまうことが多く、
1年に1本はメガネを壊します。

沼の主
沼の主

普通、違和感あったら気付きますよね。
ゴロゴロして割るなんて、信じられない(^^;

1年で割ると分かっているので、
夫のメガネは4000円コーナーから購入しています。

セールの後半になると、奇抜なデザインのメガネor
SALE品の中でも高価な6000~8000円メガネしか残っていません。
普通のメガネが欲しい方は、セール前半に見に行きましょう!

JINS以外のメガネについて

メガネの店にはこだわりがなかったので、
様々な店舗に行きました。

各店舗それぞれ特徴があるので、
好みがあるのなら、どこを選択しても良いと思います。

TGC

TGCというメガネ屋さんでは、2本目半額セールをやっていました。
1本5000円からメガネがあります。

5000円のメガネを2本買うと、2本目が2500円。
実質1本3750円でメガネを作ることができます。

金額の高い方を1本目、安い方を2本目にしなければならない制約がありますが、
メガネを2本作りたいと思う方はお得です。

JINSのSALE品と同様、安いメガネの数は少ないのがデメリットです。

沼の主
沼の主

5000円メガネの選択肢は少ないです。

(JINSの4000円メガネも同じだけど)

私としては、気を抜くとヒンジの部分で指の肉を挟んでしまいそうな
細身の金属製メガネが多いイメージです。

沼の主
沼の主

逆に、JINSは太めの枠が多いイメージです。

(最近細めも増えてきたけど)

その他にも、オンデーズzoffなどがあります。

好みは人それぞれなので、近所のメガネ店で試着して
かけ心地をチェックしながら選びましょう。

クーポン利用で何%OFFになるのか

いくら一目惚れとはいえ、節約好きとしては
定価でメガネを買うことはできません。

一旦帰宅して、安く購入する方法を調べてみました。

  • JINSアプリ限定クーポン(20%オフ)
  • ライン友達クーポン(5~10%オフ)
  • メルマガ登録(10~20%オフ)
  • 誕生日クーポン(メルマガ登録必須で20~30%オフ)
  • イオンカード限定割引(10%オフ)
  • JAF会員限定割引(10~20%オフ)

など、MAX割引は20%だということが分かりました。(不定期、併用不可)

誕生日クーポンだけは、30%オフの可能性があります。
しかし、ここ数年は20%オフしか出ていません。
今後出るかどうかも不明です。
出たとしても年に一度しか利用できず、なおかつメルマガ登録が必須だったので
今回は利用しませんでした。

※家族とも必要最低限しか連絡を取らない性格のため、
メルマガの登録など、極力しなくて済む前提でお話しています。

沼の主
沼の主

メールが来るのが面倒なので(^^;

クーポン入手方法

今回ご紹介するのは、メルカリ、ラクマ、ヤフオクなどを利用し、
20%オフクーポン(オンライン限定クーポン)を入手する方法です。

私は今回メルカリで20%オフクーポンを300円で購入し、
オンラインショップで購入、
税込8800円のメガネを7040円で購入することができました!

店頭でそのまま購入するよりも、1760円の割引です。

クーポンがメルカリで300円だったので、実質1460円のお得ですね。

JINSには5000円からメガネがあるので、クーポンを使うと4400円で購入できます。

(※SALE品(4000円~)にはこのクーポンは使えないので注意)

JINSオンラインショップの利用には会員登録が必要ですが、
DMなど煩わしいメールは来ないのでご安心を。

視力データは店舗で取ってもらおう

オンラインショップでのメガネ購入には、視力測定データが必要です。

眼科か、JINSの店舗で視力を測ってもらわなければなりません。

眼科だと診察にお金がかかりますが、
JINS店舗では無料で視力を計測してくれます。

オンラインショップで購入したいので、データを測ってもらえますか?

と言うと、店員さんは快く対応してくれます。

データを記入した紙に、
気になるフレームの品番も書いてもらいましょう。

帰宅後はフレームの品番視力のデータ
クーポンコードを入力するだけです。

これで割引価格でメガネを購入することができます!

支払方法も多数!

支払方法も多数あります。

クレジットカード、楽天PAY、ケータイ払い、コンビニ払い、
Amazonアカウント支払い、代引き引換から選ぶことができます。

オンライン購入のメリット、デメリット

オンライン購入のメリット

  • 店舗購入よりも安い
  • ネットでも店舗でも同じ保証が受けられる
  • 自分の度数情報を入力しておくと、次回から同じ度数でメガネを作れる
  • 自分のメガネを送って同じ度数で作ってもらうことができる
  • レンズ交換券を利用できる

店舗と同じ保証が受けられる

メガネ購入後半年間は、
レンズにもフレームにも保証が付いているので安心です。

度数情報を入力しておくと、次回から同じ度数でメガネを作ることができる

以前店舗でメガネを作ったことがある→保証書番号が分かるのであればOK
オンライン購入→自分の視力データが登録されていれば、次回そのまま作ることができる

レンズ交換券の利用

オンラインでフレームだけを購入、
レンズ交換券を使って店舗でレンズを入れてもらうことができます。

JINSメールオーダー

自分のメガネを送って、同じ度数でメガネを作ってもらえます。

メガネを複数本もっていたり、コンタクトレンズと併用しているなど、
一時的に手元からメガネがなくなってしまうデメリットに対応できるのであれば、
視力測定をしなくても同じ度数のメガネが作れます。

オンライン購入のデメリット

  • 届くまで時間がかかる
  • 試着できない
  • セール品には割引が適応されない

届くまで時間がかかる

店舗でメガネを作る場合は最短で30分ほどで入手できます。

しかし、オンラインだと1週間前後かかります。

最短3日ほどと書いている方が多いのですが、
私が購入したときは1週間かかりました。

コロナ禍や台風など、様々な条件が遅延に影響していると思います。
余裕をもって注文するようにしましょう。

試着できない

似合わなかったら大問題なので、店舗できちんと試着をしましょう。

納得のいくフレームを決めてからオンライン購入しましょう。

(AIが似合い度を数値化してくれるシステムも導入されていますが、
個人の好みまでは反映されません)

沼の主
沼の主

気に入った商品で確かめたら、数値が低かった(;_;)

セール品には割引が適応されない

序盤でおススメしたセール品(4000円~)には
クーポンなどの割引や保証が適応されません。

適応できるのは定価の商品だけなので、注意しましょう。

まとめ

デメリットを踏まえた上でも、
クーポンを利用して2割引きで購入できるのは、店舗にはない魅力です。

「店舗できちんと視力を測り、フレームも決めて、
会計はオンライン上でクーポンを利用して行う」

こんな方法も、買い方の1つとして
知っておいて損はないと思います。

皆さんも是非参考にしてみてください!

暮らし
スポンサーリンク
もふ沼ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました