洋服代を節約 しまむら、GU、ユニクロを活用

暮らし

洋服代を節約しよう

節約生活を送るようになってから、定価で服を買うことはなくなりました。

在宅ワークとなったため、洋服は制服化して
ローテーションを組むことで
服選びに迷わなくなりました。

沼の主
沼の主

Tシャツが7枚あれば、夏の1週間は過ごせます。
お出掛け用にワンピースも持っていますが、洗濯機で洗える素材です。

夫も服に無頓着で、私におしゃれを求めないので気が楽です。

20代の頃に着ていた洋服は丈やデザイン的に着れなくなってきたので、
メルカリで処分しています。

新しい服が欲しくなったら、メルカリの収益で
シンプルで流行に関係なく着れる服を購入しています。

沼の主
沼の主

ユニクロはシンプルで長持ちするのでありがたいですね

とはいえ、ユニクロでも定価で買うようなことはしません。
セール、ポイント付与、キャンペーンなど、
一番お得な方法をリサーチをしてから購入します。

安さを最重要視すると、大切に着ようという思いが薄れてしまいます。
これだ!と思う商品に出会うまで、妥協で服は買わないようにしましょう。

気に入った商品が少々高かった場合は、その日のうちには決断せず、
数日~数週間様子を見ましょう。
それでも欲しいと思うなら、気持ちは本物です。

沼の主
沼の主

「あれ可愛いな~」と思っても、
2週間あればほとんど忘れてしまうよ

今回は節約の観点から、洋服の買い方を紹介したいと思います。

トータルで考えると、ユニクロがおすすめ

私が洋服を購入するとき、最も多く利用する店は「ユニクロ」です。

何と言ってもデザインのシンプルさ。
流行の服はすぐに着られなくなってしまうので、シンプルなデザインは重宝します。

価格もそこまで高くはありません。
品質も丈夫で長持ちです。

値段だけ見ると、GUやしまむらの方が安いですが、
GUやしまむらは生地が薄めだったり、ほつれが多かったりします。

細かい縫製は雑に感じるので、
自分で手直ししてから着ることが多いです。

沼の主
沼の主

ボタンの糸の補強、肩紐の長さ調整など
自分好みにカスタムします。

GUとしまむらは、その年の流行で
取り入れたいデザインの時だけ利用しています。

自分で縫うなど手を加えてしまうと、メルカリ等に出せなくなります。

翌年用に、シンプルなデザインの型落ち品を購入

ユニクロは、シンプルなデザインが多いです。

その割に、同じようなカットソーでも
毎年マイナーチェンジを繰り返しています。

季節の終わりかけになると、かなりの値引きがされています。

売れ残りは翌年に
旧タイプとして1000円以上安く販売されることも。

ユニクロはシンプルとはいえ、
田舎住まいの私には奇抜すぎる色が売れ残ることが多いです。

売れ残った理由を考えて、田舎でも浮かない物を購入しましょう(^^;

沼の主
沼の主

基本的に大人気商品は売れ残りません。
サイズが大きすぎ&小さすぎ、
派手な色、型落ち品などがセールになります。
納得した上で購入しましょう。

来年も着られるデザインを、
季節が終わって値下げしたときに
半額以下で買うのがおすすめです。

30%OFFくらいでは買いません。
売り切れてしまったら、ご縁が無かったということで、スパッと諦めています。

売り切れるような人気商品は、
翌年も似たようなものが出てきます。

どうしても欲しい商品でないなら、
型落ち品が安くなる可能性もあるので
気長に焦らず待ちましょう。

沼の主
沼の主

最近は型落ちの3Dニットと、
ウルトラライトダウンベストを購入したよ

※見た瞬間どうしても欲しい!と感じる物が
数年に1度は出てきます。
手に入らなかったときのショックが大きすぎる
と判断できる時だけは、
自分の気持ちに正直になって、購入しましょう。

そんなとき用に、懸賞でGETした商品券などを取っておくと
ほぼ元手0円で購入できます。

商品券は使える店と使えない店があります。
確認してからお買い物しましょう。
ざっくりとした目安として、独立店舗はNG、
イオンモール内のユニクロは利用OKの店舗が多い印象です。

私は懸賞で入手した商品券を買い物に利用していますが、
日本海チケットなど1000円の商品券が950~980円で販売されています。
数十円だけではありますが、少しでもお得に購入したい人は調べてみましょう。

エンドは掘り出し物がたくさん

ユニクロに行くと、
「エンド」(商品棚の両端)にワゴンセールの商品が山積みされています。

私は通路側の新商品が定価で並んでいるエンドはほぼ見ません。

壁側のエンドにあるワゴンセールの棚の商品ばかり見ています。

新商品は視界に入れないようにして、ワゴンセールだけ見ていく感じですね(^^;

値下げされた洋服が190円から並んでいます。

沼の主
沼の主

横のハンガーに見本も掛かっており、試着もできます

今日はスカーフや型落ちサングラスが190円に、
下着類が390円になっていました。

2週間後に同じワゴンを見に行くと、下着類は売り切れていました。
ワゴン内のセール品に気になる物を見つけたら、
1週間以内に買うかどうか決めた方が良さそうです

今回の戦利品。商品券を使用したのでほぼ元手0円!

今回は3Dニットの型落ち品を890円で、
極暖ヒートテックのレギンスを500円で購入しました。

懸賞で当てた商品券を使ったので、元手ほぼ0円です!

店頭には今年発売された
新デザインの3Dニットが2990円で並んでいました。

1年後にはなってしまいましたが、
7割引きで2000円以上得したことになります!

沼の主
沼の主

定価では買わないだろうし、
待っていた訳でもないんですけどね・・・(^^;

3Dニットの色はピンク、ブルー、ホワイト、ベージュと
ワゴンセールにしては選択肢が多かったです。

手持ちの服との合わせやすさを考えながら、
じっくり選ぶことができました。

※セール品は返品できないので、試着は必須です。
今回購入したレギンスのようなパック商品は試着できません。

型落ち品でも、購入したら何年も着ることになります。
いつ買ったかなんて、来ているうちに忘れてしまいます。
翌年着ても流行遅れにならないように、シンプルなデザインを選びましょう。

レギンスは極暖シリーズは1500円ですが、
1年型落ち品なので500円で購入できました。

沼の主
沼の主

冬に外作業があるので、試すのが楽しみです!

基本的には、気になる商品があっても
すぐには買わないようにしています。

1週間ほど考えを寝かせると、
欲しいものが分かるようになってきます。

2週間だと売り切れてしまうことが多いので、
1週間以内に決めたほうが良さそうです。
(セール品の話です)

ちなみにですが、ユニクロアプリには
登録商品の値下をお知らせしてくれる機能があります。

また、アプリをダウンロードしなくても、
公式オンラインストアをチェックすれば
狙っている商品が値下げしたかどうかは分かるようになっています。

ですので、近所にユニクロがなくても、情報収集が可能です。

ただし、オンラインストアは
あくまでも全店舗共通の値下げ情報しかアップされていません。

先ほど記述した190円のサングラスなど、
特定の店舗に数点しか残っていないような
値下げ商品の情報は載らないので注意しましょう。

※ネット情報なので確実ではありませんが、
期間限定価格商品(ウルトラライトダウンなど)は金曜日、
その他の値下げ商品は火曜日に価格が更新されることが多いようです。

1着買ったら1着手放す

1着服を購入しようと思ったら、
家にある洋服を1着処分しましょう。

ボロボロになるまで着倒しても良いですし、
メルカリを利用して数百円でも利益を出して、
新しく洋服を購入する資金にしても良いでしょう。

少々の傷や汚れがあって、メルカリで販売できない物は
セカンドストリートなどの古着屋に買取に出すと、
海外の発展途上国に寄付という形で
1㎏10円くらいで引き取ってもらえます。
(※コロナ禍は休止中)

捨てようと思ってもゴミ袋代もかかる世の中なので、
処分する際も節約を意識しましょう。

GU、しまむらにも掘り出し物が

しまパトと呼ばれる言葉が数年前に流行ったように、
1000~2000円台とリーズナブルでコスパが良い商品が多いしまむら。

頻繁に通っている方は、見つけ次第すぐに購入してしまうので、
洋服の掘り出し物をGETするのは難しいかもしれません。

沼の主
沼の主

季節の変わり目になると
200~1000円商品が大量に出てくるので
見ているだけでも楽しいよね!

しまむらの値下げ品に関しては、
洋服ではなく小物やリビング用品のほうが狙い目です。

寝具のひんやりマット、リビングマットなど、
季節の終わりかけになると500~1000円くらいに値下げします。

数年に一度、家族分を一式買い替える際に活用しましょう。

ユニクロのTシャツを500円で購入

ユニクロのTシャツは縫製が丈夫で、洗濯してもよれにくいです。

ブランドやアニメとのコラボも多く、
出始めは1580~1980円くらいとややお高め。

段階的に値段が下がり、
8月を過ぎると500円まで下がる物も出てきます。

1年で4枚買っても2000円。
我が家では値下げを待って
懸賞で当てた商品券を使って購入するので
元手ほぼゼロで、Tシャツ4枚を毎年購入しています。

500円だからと言って、妥協買いはNGですよ。

沼の主
沼の主

デザインがオシャレなものを見極めるのは至難の業。
自分の審美眼をフル活用して
500円Tシャツから当たりを探そう!

ユニクロのセールはSサイズが狙い目

エンドに値下げ商品が多いという話をしましたが、
いつも思うのはSサイズの商品がとにかく多い!ということです。

私は小柄なので、着れる商品が多いと助かりますが、
M~Lサイズの方は、早い者勝ちであることを頭に入れておきましょう。

ネット注文したのにサイズが合わないと返品された
「オンライン購入商品」も大幅値下げされ、
セール品と並んで置いてあることが多いです。

こちらはSサイズでなくても在庫がありますが、
サイズ表記されているのに返品されてしまうくらいなので
試着は必ず行いましょう。
(〇分丈とあっても、丈詰め後だと着た時のバランスが変わっている)

まとめ

ユニクロのSサイズを着ることができる小柄な方であれば、
シンプルなデザインの型落ち品は節約におススメです!

今年だけ着られればOKな、デザイン性を求める時は安さ重視のGU、
柄物が欲しいときは安さの割には他と被りにくいしまむら、と
お店を使い分けながら、節約&オシャレを楽しみましょう!

暮らし
スポンサーリンク
もふ沼ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました