いつ大掃除する?季節の変わり目の小掃除で業者いらず!キレイを維持するコツ

暮らし

年末の大掃除を撤廃してみました

今までは、12月の下旬、1年の終わりに家の内外の掃除を行っていました。

しかし、ここは東北。

12月の下旬に外に出て、窓を拭くのはかなり寒いです。

というか12月になったら、外は雪が降っているはず。

この時期に外に出るメリットは、ほとんどありません。

ということで、年末の大掃除はやめて、
毎年10月の末日から11月の上旬に、「大掃除」ならぬ「小掃除」をしています。

沼の主
沼の主

10月ならまだ温かい日もあるので
外での掃除もしやすいです

家の中の掃除も、油汚れは寒いと固まりやすくなります
10~11月に行った方が汚れ落ちが良く、掃除の効率が良くなります。

窓拭きは、台風が過ぎ去った後に

初夏から秋にかけて、台風の上陸回数は増加します。

台風が通過した後は、窓の汚れが気になってしまいがち。

沼の主
沼の主

小さい葉っぱが
網戸に絡みついたりするんです

台風が来るたびに掃除していては、
二度手間、三度手間になってしまいます。

窓掃除は台風が過ぎ去ったかな?というタイミングで
10月の末日~11月中旬頃に行うようにしています。

沼の主
沼の主

東北では11月下旬に雪が降り始めるので
それまでに済ませます。

今回は窓ガラスやサッシ、網戸を古布を使って水拭きしました。
(重曹を加えて汚れ落ちをUPさせても良いですね)

沼の主
沼の主

使わなくなった靴下を両手にはめて
網戸を綺麗にしました

靴下はダラダラ使っていると、毛玉ができても、ヨレヨレになっても
ついつい使い続けてしまいます。

新年は新しい靴下で迎えることにしているので、
1年に1度は新しい靴下を購入して、
家のボロボロになった靴下と入れ替えしています。

ボロボロの靴下はお掃除に使うことで、
真っ黒にしてから「今までありがとう!」とさよならしています。

窓拭きを毎週するほど今はまだ時間の余裕はありません。
今のところは季節の変わり目のみ、網戸掃除を行っています。

沼の主
沼の主

気づいたときに小まめにできるくらい
ゆったりした生活を送りたいものです

去年までは義父の営むブラック自営業で、
義務のように真夜中から真夜中まで働いていました。

今年ついにブラック職場から脱出し、
仕事する時間、食事する時間、眠る時間を
自由に決めることができるようになりました。

沼の主
沼の主

食事の時間もろくに取れなかったので、
掃除する時間なんて無かったのです

結婚して数年経ちますが、日中に2人で家の掃除をするのは、今年が初めて。
不思議な感覚を味わいながら、
台風や黄砂で汚れた窓と網戸をピカピカに磨きました。

毎日過ごしている時は気づきませんでしたが、
窓を磨いたことで、心がスッキリしていくのを感じました。

沼の主
沼の主

去年は仕事に追われ過ぎて、掃除する時間がないと思っていました。

時間だけでなく、心の余裕も失っていた気がします。

家の中の小掃除は、年末に向けて少しずつ

年末にまとめて大掃除すると、体力的に疲れてしまいます。
小分けにして行うことで、だいぶ楽になります。

外に出る必要があるお掃除は、
10月~11月上旬まで済ませると楽になります。

家の中でできるキッチンや洗面所周辺のお掃除は、後回しでも大丈夫。
11月~12月に、小さく分割しながら行っています。

沼の主
沼の主

家の中は寒い季節でも
ストーブに当たりながらできるので

ゆる~く取り組みましょう。

日頃から、汚れが目立つ前にこまめに拭くだけで、
汚れるスピードがグッと遅くなります。

大掃除なんて気合いを入れなくても、普段の掃除+αで済めば
身体への負担を軽くすることができます。

(本格的な使用の前に、布団もお掃除しておきましょう!→詳しくは過去記事

キッチン

・ガス台下のアルミシートの交換(50円)
・五徳に敷いているアルミシートの交換(10円)
・コンロ周りの油汚れ防止フィルムの貼り替え(50円)
・冷蔵庫上の新聞紙交換(ホコリ防止)(0円)
・換気扇のフィルター交換(50円)

市販のメーカー品を使うと数百円かかるので、
シートやフィルムは100均で購入しています。

使っていて必要ないと感じたり、
今よりも安く使えたりするものが見つかったら、
順次変えていくつもりです。

とはいえ、100均のシートやフィルムは
ディズニーなどの可愛らしい柄があるので気に入っています。

自分の気持ちが上がるグッズを使うことで
日々の掃除を楽しくできるようにすることも、工夫の1つです。

洗面、風呂場周辺

・洗濯機の蛇腹ホースに巻き付けたラップの交換(0円)
・水回りパッキン汚れ防止のマスキングテープ貼り替え(25円)

汚れ防止用のラップは、粘着力が弱くてもOKです。
安い物を使いましょう。

電子レンジ加熱は、ラップの代わりに
繰り返し使えるプラ製のフタを使っています。
(ラップも必要に応じて適宜使います)

掃除で使うラップは、
イベントや銀行などで頂いたものを使用しているので、0円で済んでいます。

マスキングテープは100均ではなくホームセンターで。
100円以下で購入できます。

(洗濯機の掃除は定期的にしていますか?
冬場の作業は寒いので、気温が下がる前に済ませておくと安心です→詳しくは過去記事

リビング

・棚の上の新聞紙交換
・ラグの洗濯、交換

これらを2カ月かけて、気が向いたときに行っています。

12月に慌ただしく行うと慌ただしいですが、
2か月かければ、気持ちにゆとりを持ってお掃除できます。

費用も新聞紙0円から、高くても100均商品で済ませているので、
出費は生活費の中でやりくりできています。

沼の主
沼の主

なるべくお金はかけずに、綺麗を維持しよう!

おわりに

お掃除グッズにはお金をかける必要はありません
日常生活の中で、使える物は使い倒すのが基本です。

お茶パックやかんきつの皮、使い終わったラップはシンク磨きに。

靴下やストッキングは、窓やサッシの掃除に。

新聞はホコリや土汚れの防止に。

牛乳パックは使い捨てのまな板に。

すぐに捨てるのではなく、何かに利用してから捨てることで、
エコにもなり、ゆくゆくはお掃除を軽く済ませることに繋がります。

もちろん、稼ぐ力のある方は外に働きに出て、
お掃除を外注するのも1つの方法ではあります。

得意なことは得意な人にやってもらう方が
効率良く生活できる場合もあるでしょう。

今はまだ外注できるほどの余裕はありませんが、
いつかお願いできるくらい、仕事が軌道に乗れば良いなと思います。

(全国的に有名な、家事代行サービスのベアーズさん)

お子さんがご両親と離れて暮らすことが増えている現在、
他県にお住まいのお子さんが家事代行の手配をして、
ご両親の苦手な家事をお願いすることが増えているそうです。

お子さまが小さくて手がかかる時期だけと決めて、
週一回のお掃除や作り置きをお願いしているママさんもいます。

自分に負荷が掛かり過ぎないように、
周りのサポートをうまく活用しながら乗り切りましょう。

私はまだ、貯金ができる生活レベルではないので、
現状では代行サービスを使うことはできません。

いつかお願いできるような生活になるように、
今は節約を頑張るのみです!(笑)

これからも毎日少しずつ、
小さなことを積み重ねていきたいと思います。

暮らし
スポンサーリンク
もふ沼ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました